病院の大きさと看護師の給料

看護師の給料は、年収で平均450万円くらいだと言うお話をさせていただきました。

女性の平均の2倍以上の額をもらえる看護師。

看護師の仕事内容だけではなく、給料が魅力的と言われているのもよくわかりますよね。

また、450という数字は、あくまでも平均です。

もっとももらっている人はもらっているのです。

それは、婦長や部長レベルに出世すると・・・というわけではありません。

普通のただの看護師レベルで600万円を超える場合があるのです。

450と600万円では結構な違いですよね。

それはどういった時にもらえるのでしょうか。

・・看護師の給料は、勤務する病院によって変わってくるのです。

その病院によってといのは、病院の規模です。

病院が大きければ大きいほど給料が良いということです。

田舎町のクリニックのような病院と、都会の大きな大学病院のような大きさでは、仕事内容も全く異なってくるのは想像出来ることと思います。

大変な分、大学病院ではやはり給料はとても良いです。

ですから、病院の大きさ、仕事内容に比例して、給料も変わってくると言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。